催眠療法と瞑想法 意識の仕組みを上手に使えば、心輝きシアワセ人生☆.。.:*・゜゚・*

ホーム > 催眠 | 自己催眠 > 閃き力を鍛えよう

閃き力を鍛えよう

「閃き」を押さえているものがあります。

それは、自分への信頼不足。「自己否定」感です。

104699幼児期に両親からの愛情が十分であると、「自己肯定」感をしっかりと持つことができます。

ところが、幼児期の両親からの愛情が十分でないと、「自己否定」感を大きく持ってしまうのです。

すると、自分の中にやってくる、様々なものを疑い、否定してかかるので、折角の「閃き」も、「自分の閃きなど、大したことはない」と、思ってしまうんですね。

この自己否定感が大きいと、いくら閃きの訓練をしても効果が上がりません。

自己否定感を小さくして、自己肯定感を大きくすれば、自分の思いや行動に自信が付いて、閃き力もアップします。

 

でも、「自分はもう大人だから無理」とか
「幼児期、両親が離婚して片親だった」
「両親不仲で、共稼ぎ、かまってもらえなかった」
「幼児期、とくに、愛されたとか、かまってもらえなかったとかという記憶はない」

と言う方が多いと思います。

 

 

幼児期の心の傷を癒し、幼児期に受け取れなかった両親からの愛情を受け取り治すには、催眠療法が最適です。

 

 

年齢退行療法という催眠手法を使って、幼児期のことをどんどん思い出します。

すると、心のしこりが次第にとれていって、辛かった事もどんどん思い出せるようになります。

幼児期の自分自身を再確認すると、様々なことが分かります。

両親との関わりも分かります。

人間の意識の仕組みも分かってくるので、心が次第に癒えてきます。

ラディアンスでは、催眠療法後に「日々の自己催眠101日間」というワークブックと自己催眠用のCDをお渡ししています。

日々の自己催眠を容易に続けていけるようにしていくので、更に効果が高くなります。

 

そこで、自己肯定感が増してきて、閃き力がアップするのです。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*☆

催眠館ラディアンス
代表 心理学博士 山崎靖夫
〒161-0033
東京都新宿区下落合3-19-2 フイユドール目白1001号室
(JR山手線 目白駅より徒歩5分)
mail:        info@radiance.gr.jp
HomePages: http://www.radiance.gr.jp/
催眠瞑想ラディアンス
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

関連する投稿




RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://radiance4u.jp/hypno/2010-02-19/insp_train1/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
閃き力を鍛えよう から 催眠療法でこころ輝きシアワセ人生

ホーム > 催眠 | 自己催眠 > 閃き力を鍛えよう

カレンダー
« 2 月 2010 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る

Switch to our mobile site