催眠療法と瞑想法 意識の仕組みを上手に使えば、心輝きシアワセ人生☆.。.:*・゜゚・*

ホーム > NewsLetter > 催眠療法で性格改善

催眠療法で性格改善

催眠療法で性格改善

——————-
心理学と脳生理学の進歩により、「なりたい自分」になれる時代が到来


ibuka

井深大氏

【ラディアンスの起源】

ラディアンスの起源は、代表の山崎靖夫がソニー社員時代に遡ります。
ソニー(株)の創立者の井深大氏の命令により、山崎は、ソニー(株)生命情報研究所に於いて「催眠と瞑想」の研究を始めました。
井深氏の没後、その研究成果を社会に還元するために「ラディアンス」を設立し、ソニーから独立しました。
創立後17年。 これまでに、約5000名の方へ4万回の催眠療法を施し、
更に、約700名の方に瞑想法を伝えてきました。安心の実績です。

【催眠状態とは】

人間脳と動物脳

人間脳と動物脳

久留米大学(稲永ら)と九州大学(池見ら)が、局部麻酔下で、脳に電極を刺し、催眠をかけて、脳内の血流と脳波を測定しました。
催眠中は、人間脳(図の大脳の白い部分)の働きが低下し、
動物脳(黒い部分以下)の働きが高まる事が分かりました。
人間脳の働きの低下により、表面意識と潜在意識を隔てている「統合膜」の機能は、一時的に低下します。
動物脳の働きが増し、自分を直感的に感じ取れるようになります。
そこで、催眠により、潜在意識の内容を探り、変化させる事ができます。

【京都大学名誉教授の河合氏の前世についての説明】

河合隼雄氏前世観

河合隼雄氏前世観

現代科学のレベルでは「前世」の真偽は分かりません。
催眠中は、統合膜(図の一点鎖線)の機能が低下するため、潜在意識下に存在する様々な人格が表出します。

催眠療法の
年齢退行療法は、一番上の今世の人格を表出させたものです。
前世療法は、今世以外の人格を表出させたものです。
潜在意識下の全ての人格が現在の性格を形成しているので、
催眠療法により、様々な人格からの影響を知り改善することができます。つまり、性格改善ができるのです。

【性格改善の仕組み】

脳細胞のネットワーク

脳細胞のネットワーク

神経細胞同士の繋がりが脳内ネットワークです。
新しい事を始めると、神経細胞間の新たな繋がりができます。
自己催眠を毎日続けることにより、細胞同士を繋ぐ神経線維が髄鞘化し、新たな脳内ネットワークができます。

そこで、性格改善ができるのです。

【ラディアンス】

ラディアンス代表 山崎靖夫

ラディアンス代表 山崎靖夫

ラディアンス代表 心理学博士 山崎 靖夫

HomePage  http://www.radiance.gr.jp/
Facebook

http://www.facebook.com/stclub.radiance/

http://www.facebook.com/yamazaki.yasuo/

Email          yamazaki@radiance.gr.jp

東京都文京区水道2-12-2 坂田ビル205
(東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅徒歩5分)
Tel  03-6912-2705
Fax 020-4622-3149□
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

関連する投稿




RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://radiance4u.jp/newsletter/2012-06-14/radhyp/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
催眠療法で性格改善 から 催眠療法でこころ輝きシアワセ人生

ホーム > NewsLetter > 催眠療法で性格改善

カレンダー
« 6 月 2012 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る

Switch to our mobile site