催眠療法と瞑想法 意識の仕組みを上手に使えば、心輝きシアワセ人生☆.。.:*・゜゚・*

ホーム > タグ > トラウマ

トラウマ

放送作家が書いた「前世療法」

「前世療法」 セバスチャン・フィツェック著 柏書房を読みました。約450ページの本を6時間かけて一気に楽しみました。
seva

著者は、ドイツ人の放送作家。
誰かが受けた前世療法の話を題材にここまでの小説に仕上げるとは、さすがプロだと唸りました。

映画にして欲しいと思いました。

主人公の中年弁護士は、ニコラス・ケイジが
10才の少年には、
消臭力を歌った外人少年歌手が、(名前が出てきません)浮かんできましたね。

私にもこういう文章が書けたら良いのになって思いました。
私が好んで読むのはノウハウ本。小説は滅多に読みません。
でも、活き活きとした文章表現をするには、ノウハウ本ばかり読んでいては、だめで、小説を読み込まないといけないなと思いましたね。

佐藤富雄さんが言うように、思いっきり遊ぶと、仕事が出来るようになるように。

皆さんも是非どうぞ。

この人の処女作が、精神科医が主人公の話の「治療島」で、ドイツで驚異的ベストセラーになったそうです。
2006年7月、ドイツで発売され、あっという間にアマゾン・ドイツで週間売上1位を獲得するなどベストセラー街道を驀進。
1年後も同ベストセラー・リストに名をとどめる脅威の処女作です。映画化も決定し、すでに16カ国での出版が決まっています(2007年5月末現在)。だそうです。ワクワクです。

***********内容(「BOOK」データベースより)****

ある日のこと、ベルリンの敏腕弁護士である45歳のシュテルンは、ガールフレンドの看護師カリーナから、工場の跡地に呼び出された。

彼女と共に現れた10歳の少年ジーモンは、自分がその場所で15年前に人を殺したのだと話すのだった。一笑に付すシュテルン、しかし地下室からは、彼の証言どおりに白骨死体が発見される。

その前世殺人の証言は、死に至る病に苦しむ孤独なジーモンのために、カリーナが善意で受けさせた前世療法以後始まっていたのだ。

新たな前世殺人を語り始めるジーモン、そしてシュテルンの回りで次々と起こり始める奇怪な出来事、逃げられない渦に巻き込まれる彼らの運命やいかに…

他では味わえない、恐怖と感動のサイコスリラー。

******************************
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

光陰矢のごとし

前回の感想をまた引用します。
多くのことを解説できるとってもすばらしい感想です。
お寄せいただき有り難うございます。
皆さんからのたくさんの感想をお待ちしております。

今回は②です。

ラディアンスの催眠療法を受けた方の感想の中に

『催眠療法を受ける前は、
①永久的な暗示をかけるもの、
②封印していた記憶を思い出させることでトラウマから解放するもの、
という概念でした。
受けた後は、
脳科学に基づく心理療法療法的なものという概念に変わりました。』
が有りました。

【その1】

②封印していた記憶を思い出させることでトラウマから解放するもの というのは

「記憶を封印する」とは、現実には
思い出しても本人が言わないようにする。
思い出すと頭がパニックになるので、思い出さないようにする。
と言うことです。

でも、多くの人は、記憶を封印するというと、様々なニュアンスがありますが、
「厳重な金庫のようなところに入れて、絶対に思い出さない方に、葬り去る。」
のように思っています。

でも、記憶の仕組みから、現在の科学では、どんな方法を使っても、自分の脳の中にある重要と思われる記憶からの限定的な影響を完全になくすことは不可能なのです。
その問題を解決しない限り。

脳の中にあれば、いつもそこからの影響を受けてしまうのです。
そして、本人の言動を縛リ続けます。

【その2】

②を、記憶をもう一度振り返り直すことによって、トラウマから解放する

なら可能です。

それは、
以前、その体験をしたとき、知識経験が少なかったので、勘違いをして、大きな問題としてしまった。
しかし、成長して知識や体験により、正しくそれをとらえ直すことができたので、問題が解決した。

です。

でも、こんなことは作り話です。
自分の左胸に刺し傷のようなアザがある。
前世で、争いの時心臓を刺されて、無残な殺され方をした。
前世療法で、そのことを振り返り、カルマの解放をした。
手術をしなければならないほどの心臓病が奇跡的に治った。

 

【その3】

犬猿の仲のAさんとBさん。
なかなか仲良くできないどころか、お互いに意地悪の応酬をしていた。

Aさんが、前世療法をして、前世でAさんとBさんが「ロミオとジュリエット」の両家の争いのような関係にあったことが分かった。
前世療法を機会に、AさんとBさんが急に仲良しになった。

なんてこともあり得ません。

現実に争いをしてしまって、お互いに傷ついてしまっていたら、なかなか相手を許すことができません。
前回のように、映画を見て大感動して、よーしやるぞと、意気込んでも、感動はすぐに冷めて、以前と同じ生活になってしまうのが人の常。
前世療法でも同じです。

そこで、Aさんが、これは前世からのしがらみだなと分かったら、まず、Aさんの心の内を癒していく必要があるのです。

前世の争いは、魂の成長のためにあった。しかし、今世もその課題が続いている。
その課題を達成するために、これまでの幼児期に、両親とはこんなことがあった、祖父母とはこんなことがあった、兄弟とはこんなことがあった、友人知人たちとはこんなことがあった。
その結果、現在の自分の性格は、こうなって、自分の顕在意識が望む自分とこんな風にずれている。

そのずれを直すには、自分のガイドやハイアーセルフは、こんなアドバイスをしてくれている。
じゃあ、それに乗っ取って、日々こう言うように自己催眠をして、自分の心を癒していこう。
自分の性格をこう変更していこう。
と努力を始めるわけです。

そして、その努力が実り始めるのは、やり始めてから3ヶ月以降。

やがて、自分のネガティブな考えが改善されていき、周りの人からも評判が良くなって、自分の日常が楽しく希望いっぱいになっていく。

そうしていくうちに、Bさんとの接し方も次第に変化していって、Bさんと仲直りができる。

なのです。

*****

ええええ。3ヶ月もかかるの? と思われる方もいるかもしれませんが、催眠をやらなければ、一生変わらないのです。人生80年。3ヶ月などあっという間。

そういえば、政権が自民党から、民主党に移って、鳩山さんが頑張っていたと思ったら、いろんな問題が起きて、もう菅さんが、総理大臣かぁ。

ですからね。

光陰矢のごとしです。

☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*・°☆.。.:*・°★.。.:*☆

催眠館ラディアンス
代表 心理学博士 山崎靖夫
〒161-0033
東京都新宿区下落合3-19-2 フイユドール目白1001号室
(JR山手線 目白駅より徒歩5分)
mail:        
info@radiance.gr.jp
HomePages: http://www.radiance4p.jp/
催眠瞑想ラディアンス
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

ホーム > タグ > トラウマ

カレンダー
« 11 月 2018 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る

Switch to our mobile site