催眠療法と瞑想法 意識の仕組みを上手に使えば、心輝きシアワセ人生☆.。.:*・゜゚・*

ホーム > タグ > 子育て、能力

子育て、能力

シングルマザーズ

シングルマザーズ

シングルマザーズ

NHKのドラマで「シングルマザーズ」という番組が始まりました。
http://www.nhk.or.jp/drama10/sinmama/

放送期間は、2012年10月23日から12月11日(火)の連続8回です。

結婚した3組に一組が離婚
離婚届を出していずに別居、家庭内離婚は数知れず。

男性の5人に一人が生涯結婚できない
女性の10人に一人が生涯結婚できない

30人に一人がウツ病
50人に一人が境界性パーソナリティ障害
100人に一人が統合失調症
1000人に一人が性同一性障害
と診断されています。
つまり医者に行く程ではないか、行かない予備軍は数知れず。

こんな時代背景を象徴している番組ですね。

初回は、シングルマザーの経済的苦しさを題材にしていました。

催眠療法で幼児期の心の傷を癒し、
願望実現セミナーで、ベストパートナーを惹き付け、
ラディアンスの瞑想セミナーで、夫婦円満になる。

ラディアンスなら、シングルマザーにならない人生を得られます。
さらに、シングルマザーの苦しみも解消できます。

番組の中では、「ひとりママ・ネット」に相談すると力になってくれるという設定ですが、現実世界ではラディアンスが役立ちます。

━━━━━━━━━
ラディアンス
代表 心理学博士 山崎靖夫
〒112-0005
東京都文教区水道2-12-2 坂田ビル205
(東京メトロ 有楽町線 江戸川橋駅より徒歩5分)
Tel: 03-6912-2705
Fax: 020-4622-3149
PC用HP: http://www.radiance.gr.jp
携帯用HP: http://www.radiance.gr.jp/i/
新携帯HP: http://chrad.mobi/
ブログ瞑想: http://radiance4u.jp/
ブログ催眠: http://r4h.jp/
Email:   info@radiance.gr.jp
━━━━━━━━━

■□■
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

親の心の病が、子供の性格形成に大きく影響します。

ラディアンスの催眠療法では、あなたの幼児期を探るときに、お父さんやお母さんの幼児期までも探っていきます。ilm08_cd01029

あなたのお父さんや、お母さんが、その又、お父さんやお母さんからどのような影響を受けたかが分かります。
つまり、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんからの影響です。

すると、お父さんの幼児期にこんな事があったから、お父さんが今のようなお父さんになっていると言うことが腑に落ちます。
同様に、お母さんの幼児期にこんな事があったから、お母さんが今のようなお母さんになっていると言うことが腑に落ちます。

つまり、 お祖父ちゃんお祖母ちゃんの影響 → お父さんお母さんの影響 → あなたの影響 → 子供

の関係がはっきりします。

こんな時に、精神病の知識があると、

もしや、お祖父ちゃんって、お祖母ちゃんって、こんな精神病に軽くだけど、かかっていたんじゃない。
それで、お父さんの性格がゆがんでしまった。とか、お母さんが、精神病患者のような行動をしていた。

だから、自分がこうなんだ。

そこで、自分の子供が、・・・・・。

これが分かると、いろんな悩みがかなり解決します。

病院に行くほどでないんだけど、精神病の様相を呈している人ってかなりたくさんいます。
病院に行かなければいけないほどなんだけど、行っていない人もたくさんいます。

精神病の知識は、ラディアンスのオフィシャルホームページに記載してあります。

http://www.radiance.gr.jp/study/index.htm

━━━━━━━━━
ラディアンス
代表 心理学博士 山崎靖夫
〒112-0005
東京都文教区水道2-12-2
坂田ビル205号室
(東京メトロ 有楽町線 江戸川橋駅より徒歩5分)

Tel: 03-6912-2705
Fax: 020-4622-3149
PC用HP: http://www.radiance.gr.jp
携帯用HP: http://www.radiance.gr.jp/i/
Email      info@radiance.gr.jp
━━━━━━━━━
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

人間関係 親子の悩み

人間も動物も、危機的状況の中では、
親は子供を守ろうと必死になります。
しかし、野生の動物が、動物園で飼育されていくと、
外的のストレスから解放され、
豊富なえさを与えられることに慣れてきます。
すると、例えば、AWI031
母ライオンはあまり我が子の面倒を見なくなるそうです。
「自己保存欲が満たされてくると、種族保存本能が衰えてくる」のだそうです。

これは人間にも適応され、インスタントの食品が豊富にあり、
冷蔵庫や洗濯機があり、エアコンも備わって、
自分自身を養うことが楽になつてくると、子を育てることがわずらわしくなつてくるそうです。

生まれてすぐの子猿を、六ヵ月間ひとりぼつちに隔離して育てた後で、
ふつうに育つた子猿の中に入れると、もはや一緒に遊ぼうとしなくなるそうです。
また同じように、六ヵ月以上隔離されたメスの子猿が、成長してから、
オスの猿にムリやり妊娠させられて子どもを産んでも、その子猿を放りなげたり、
自分に近寄らせまいとしたり、中には、子猿をかみ殺してしまう母猿もいたそうです。mm9002135171

両親からの愛情を十分に受けずに、疎外された孤独な環境で育つた人間の場合も、
母親になっても、育児放棄、家庭内暴力を繰り返す等、
上記のライオンや猿と似たような悲しむべきニュースが良く報道されます。

━━━━━━━━━━
発行者:催眠館ラディアンス
代表 心理学博士 山崎靖夫
tel:03-6912-2705  fax:020-4622-3149
URL:              http://www.radiance.gr.jp
携帯用:         http://www.radiance.gr.jp/i/
新携帯用HP:  http://chrad.mobi
━━━━━━━━━━
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」

坂の上の雲、昨年末、放映していましたが、NHKの意気込みが伝わってきます。

新年になってからは龍馬伝でしょうか。

「坂の上の雲」の主人公も、その兄も、高等教育は外国人の先生に教わって、授業で使う言葉は日本語ではなくて、先生の国の言葉、ドイツ語や、英語での授業。

その様子は、靖国神社に併設している遊就館という博物館でも見ることができます。
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/index.html

昔、この遊就館を見学したとき、明治初期、大学での授業は外国語で行われていたと言うことに驚きました。

明治の頃は今のように、皆が大学に行くわけではなく、エリート中のエリートのごく僅かのお金持ちが行くわけです。今も、東大生とか京大生になるような人は賢いですよね。

ドラマの中でも、夏目漱石とか、正岡子規と言う名前が出ていますが。

天才と聞くと、ジツコさん著の「胎児はみんな天才だ」という本を思い出します。この本は、ジツコさん問い日本人の女性が、アメリカ人の所に嫁いで、胎教をしっかりして、娘4人全員のIQを160以上にしてしまったという話が書いてあります。

自己啓発の話を聞いていると、少数の富めるものが、自分達の富を拡大していく。富めるものの富のの拡大のために他の人々が汗水垂らして働けど、働けど、いっこうに富めるものにはならない、と言う話を良く聞きます。

ラディアンスのある目白。ここには富める人達がたくさん集まっています。その象徴が徳川家の財産管理をしているという徳川黎明会があります。路地を入っていくと、ベンツやBMWが駐車してある家がたくさんあります。

 お金持ちというと、いろんな思いが浮かんできますが、お金が生まれる前は、物々交換をしていて、突き詰めるところ、食べ物がたくさんある人達と言うことになるわけです。

いろんな人ではなくて、自分自身が、食べ物がたくさんある状態と、明日にも、食料が底をつく状態と考えてみると、どちらが心が穏やかかと言うと、食べ物がたくさんある状態です。

しかし、食べ物は、蓄えておくとやがて腐ってしまいます。食べてしまうと、太ってしまいます。

お金は、蓄えておいても、腐りませんし、使い切れなければ、また蓄えておけばいいわけです。蓄えていたお金を健康増進にも使えます。

欲深さがお金を悪にしてしまっているのですが、お金を手に入れるのを悪だと思っていると、どうも貧乏から抜け出せません。

お金を悪だと思ってしまうのは、自分が育ってきた環境。自分の考え方の癖の一つなんですね。

 

前置きが長いですが、

つまり、瞑想や、催眠により、様々な自分の考え方の癖を見出すことができます。

そして、それらの考え方の癖のうちの、自分がより良く生きようと思っている考えを、上手に伸ばすことができます。

そして、そのれらの考え方の癖のうち、自分がより良く生きるのを妨害している考えを、上手に解消していくことができます。

催眠と瞑想で、あなたも、心の豊かさと、懐の豊かさと、健康を手に入れましょう。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

とても大きい親の影響

私達の幸せは親次第なんですね。
下記のような方が、催眠療法を受けにいらっしゃいました。

祖父
戦死
2代目社長
父親
(仕事嫌い・母親に暴力)
|--- --本人
(母親業 不得意)
祖父
創業社長
母親 (専務として家業の手伝い)

父方の祖父は、父が生まれてまもなく戦死。父親を知りません。
生活するにはお金が必要ですから、祖母が仕事に出ます。

すると、父親が子供の頃は、父が戦死でいないだけでなく、母親が働きに行って家にいないので、一度期に両親を失ったのと同じになります。
母親は、子供が小さい頃は、家にいて、子供の面倒をべったり見てあげないと、子供の人格はきちんと形成されません。
そこで、この本人の父親は、自分の感情のコントロールができず、母親や子供に暴力をふるうようになるのです。

母方の父親、本人からしてみると、祖父は創業社長。仕事に一生懸命です。現在の日本の法律は、奥さんが経理をやって、税金の申告をすると、奥さんへの賃金の税金が軽減されるというように、中小企業経営者の奥さんは、働いて当たり前のような風潮です。

つまり、祖父が中小企業を創業すると、祖母も手伝います。父は朝から晩まで仕事。祖母はその手伝いと、母親も幼児期に両親からの愛情を受けることが少なく、愛情不足になります。
そうなんです。すると、この本人は、両親の愛情を知らない父と、両親の愛情を知らない母に育てられたことになります。
もう少し言い換えると、父の愛情を知らない父と、母の愛情を知らない母に、育てられたことにもなるわけですね。

父は、父親業を上手にするために、父親の真似をしますが、父親がいないと、お手本がいないので、どうしたらいいか分かりません。
同じように、母は、母親業を上手にするためには、母親の真似をしますが、母親がいないと、お手本がないのでどうしたらよいか分かりません。

この本人の両親は、夫婦仲がうまく行かなくなり、本人が、20歳くらいに離婚します。

本人は、本当に好きな人とは結婚できませんでした。でも、結婚しなければならないと言う思いだけの結婚をして、第一子が3歳の頃に、夫婦不仲になり、専業主婦から、自分で仕事を始めました。祖父が起業家で、父が2代目ですが社長の場合、自分で仕事起こそうなんて思いは直ぐに湧いてきます。

自分で仕事をしているので、自由に使えるお金がたくさんあるので、不倫もたくさんして、夫に離婚も迫りましたが、夫が世間体を気にして、仮面夫婦。

その影響を大きく受けるのが、本人の子供です。

祖父母 → 両親 → 本人 → 子供 → 孫

祖父母の影響を、両親が受け。  その影響を本人が受け。 その影響を、子供、孫と受け継いでいきます。

あなたの顔が、親に似ていますね。

それと同じように、あなたの性格も、親譲りなんです。

自分自身の性格や、能力、仕事がうまく行っているか否か、結婚がうまく行っているか否か、子育てがうまく行っているか否か、人間関係がうまく行っているか否か。これらは、みんな、先祖譲りなんですね。

昔は、心理学があまり発達していなかったので、親からの影響が大きいと行っても何も対策がありませんでした。

今でも同じように、精神科やカウンセラーの能力は、旧態依然としています。

しかし、ラディアンスの催眠や瞑想の底力は、受けて頂いた人は皆感動して頂いています。

今は、きちんとした方法をとれば、着実に性格改善できるのです。

さあ、幸せになるのはあなた次第。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

催眠療法 東京 瞑想法 東京

催眠館ラディアンス

HPはこちら

催眠療法・瞑想】 ストレスマネジメントのご相談など

電子メール  info@radiance.gr.jp

電話    03-5996-5548(事務所に転送されます、セラピストには繋がりません。)

ファックス 020-4622-3149

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

ホーム > タグ > 子育て、能力

カレンダー
« 4 月 2018 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る

Switch to our mobile site