催眠療法と瞑想法 意識の仕組みを上手に使えば、心輝きシアワセ人生☆.。.:*・゜゚・*

気になるテーマをクリックして下さい。
恋愛 結婚 子育て 仕事 健康 人間関係
恋愛 結婚 子育て 仕事 健康 人間関係

催眠瞑想は、心理学脳科学に基づき悩みを解消し、心を豊かにする現代の技術です。

恋愛や結婚、仕事などの悩みも、催眠や瞑想によるアプローチで改善することが可能です。
催眠館ラディアンスでは、あなたのより豊かな人生のために東京の地で
瞑想セミナーや、催眠療法を行っています。
お気軽にご連絡下さい。

◎無料メールセミナー開始しました。
1,自己催眠ダイエット
、 2,ヒプノセラピスト養成講座、 3,瞑想セミナー

hana02

ホーム

催眠療法でこころ輝きシアワセ人生

カーネル・サンダースの自伝

ケンタッキーフライドチキンの生みの親
〜世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝〜
https://japan.kfc.co.jp/tale/pdf/note.pdf
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ



RSS リーダーで購読する

私の履歴書 復刻版 「井深大」

私の履歴書 復刻版 「井深大」

ibukamasaru
リンクが切れていたので、再掲載します。

ソニーの創業者、井深大氏が昭和37年(1962年)12月に日本経済新聞に連載した「私の履歴書」です。

第1回 祖父のこと――会津朱雀隊生き残り 早逝した父に代わる存在

第2回 小学生のころ――機械いじりが大好き 母の再婚で祖父母のもとに

第3回 中学時代――「無線」にこり勉強せず こづかいためて真空管買う

第4回 早大時代――陸上対抗に拡声装置 クリスチャンの努力も

第5回 社会人第一歩――請われてPCL入社 約束と違う初月給に文句

第6回 結婚――新しい仕事へ出発 日本光音の無線部で研究

第7回 戦時中――盛田君との出会い 新兵器の研究会が縁で

第8回 終戦――仲間とともに東京へ 「東通研」で再スタート

第9回 東通工設立――万代会長、前田社長で 真空管電圧計で大量注文

第10回 新円かせぎ――当たった電熱マット 法隆寺出火でびっくり

第11回 新工場完成――飲み食い放題の祝宴 おかげでその月は給料遅配

第12回 テープレコーダー――日夜苦心、やっと成功 手をとり合ってうれし泣き

第13回 トランジスター――米ウ社と提携に成功 ラジオ用製作に悪戦苦闘

第14回 小型ラジオ――部品屋くどいて製作 全世界へ50万台以上売る

第15回 ビデオレコーダー――出バナくじいた役人 将来は家庭で自由に録画も

第16回 マイクロテレビ――極秘裏でやっと完成 天皇陛下にご覧いただき感激

最終回 おわりに――ソニーはわたしの夢 理科教育資金制度に自負

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ



RSS リーダーで購読する

ヤフー知恵袋ベストアンサー その1

yahoo_chiebukuro_r_34_2x

以前ヤフー知恵袋に回答したらベストアンサーに選ばれました。

Q:

ブライアン・L・ワイス著「魂の伴侶」を読んだのですが、退行催眠ってだれでもかかるんですか?
本当に自分の前世がみえるんですか?
死んだ人に逢えたりするんですか?

A:

退行催眠について、きちんと訓練を受けたセラピストからなら、可能です。

退行催眠にも大きく2種類あります。
一つが、年齢退行療法。意識を幼児期に戻し、心の傷を癒します。

もう一つが、過去世回帰療法(前世療法)です。
前世とは、一つ前の人生ではなくて、魂がこれまでに体験した人生(過去世)です。

前世療法では、
前世を人から聞くのではなくて、まるで自分自身がそこにいるかのように、臨場感を持って体験できます。
さらに、前世が今世の自分に与えている影響がわかります。

そして、前世の人間関係が今世のどんな人間関係を作っているか、たとえば、前世のライバルが、今世の友人だったり。
前世の恋人が、今世の奥さんだったり・・・・も分かります。

そして、前世からの悪影響の改善もできます。

しかし、これまでたくさんの前世療法が行われてきましたが、果たして、前世が本当にあるか否かは、今の科学では解明できていません。
タイムマシンでもあれば、前世療法をして、大昔のその場面に戻って観察すれば、前世療法での体験がどれほど正しいか否かが分かります。
NHKのタイムスクープハンターという番組のように。

ですから、現代では、「前世が本当か否かは、まだ分からない」のが事実です。

しかし、前世療法を受けて知り得た情報を今世に生かすと、自己改善ができると言うことは事実です。

ishiki1

心理学の世界では、ユング心理学を日本に紹介した京都大学の名誉教授の河合隼雄氏の解説が有名です。

私たちの意識下には、様々な人格A、人格B、人格C・・・のように様々な人格があります。
催眠の状態では、意識と無意識を隔てる脳の機能が低下します。
すると、意識下の様々な人格の情報が意識に上ってきます。
今世の人格情報が上ってくれば年齢退行、それ以外の人格の情報が上ってきたのを前世と呼ぶのだそうです。
しかし、それら人格がどのようにできたのかは、まだ、明確にはなっていないそうです。

意識下の様々な人格の情報が、私たちの性格を形作っています。
そこで、前世を知ることは、自分自身を知ることになります。
前世療法を通じて、今世の自分の目的や、人間関係、生き様が分かります。

前世は本当かどうかを議論するのは現代科学のもとでは時期尚早です。
前世療法によって得られる恩恵を、人生に活用しましょう。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ



RSS リーダーで購読する

瞑想のやり方

mednet

ソニック・メディテーションや、マインドフルネス瞑想、座禅、超越瞑想の瞑想のやり方を解説したページを作りました。

ソニック・メディテーションや、マインドフルネス瞑想、座禅に関しては、解説動画や動画での誘導もあり、実際に瞑想を体験できます。

ソニック・メディテーションは、ソニー(株)創立者の井深大氏の命令により研究し完成させました。忙しい現代人のための究極の瞑想法です。

下記 画像をクリックしてそのページに進んで下さい。

瞑想 やり方

med660m
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ



RSS リーダーで購読する

井深大 私の履歴書 復刻版

井深大 私の履歴書 復刻版

ibuka

日本経済新聞に連載されている『私の履歴書』。

2012.06.11

井深大(最終回)おわりに ソニーはわたしの夢 理科教育資金制度に自負

最後にソニーの歴史の落ちこぼれをもう少し拾い集めてみよう。昭和29年、東北大学金属材料研究所と連絡上のこともあり、仙台付近の多賀城にテープとフェラ…

2012.06.07

井深大(16)マイクロテレビ 極秘裏でやっと完成 天皇陛下にご覧いただき感激

ここで最近ソニーを最も世界に有名にしたエサキダイオードとマイクロテレビについて記したい。

2012.06.04

井深大(15)ビデオレコーダー 出バナくじいた役人 将来は家庭で自由に録画も

日本で最初のテープレコーダーを仕上げて商売にのせ、ほっと一息ついたのは、昭和27年ごろで、ちょうど日本のテレビ放送がうぶ声を上げたときである。声を…

2012.05.31

井深大(14)小型ラジオ 部品屋くどいて製作 全世界へ50万台以上売る

成長型トランジスターはさっぱり成長せず金をくうばかりで、なかなか使えるものが出てこない。私はこのころトランジスターに手を出したことはたいへんな失敗…

2012.05.31

井深大(14)小型ラジオ 部品屋くどいて製作 全世界へ50万台以上売る

成長型トランジスターはさっぱり成長せず金をくうばかりで、なかなか使えるものが出てこない。私はこのころトランジスターに手を出したことはたいへんな失敗…

2012.05.28

井深大(13)トランジスター 米ウ社と提携に成功 ラジオ用製作に悪戦苦闘

話は元へ戻るが、最初に商品として出したG型というレコーダーは机ぐらいの大きさで、重さが15キロ(4貫匁)あった。1人では持って歩けない代物だった。…

2012.05.24

井深大(12)テープレコーダー 日夜苦心、やっと成功 手をとり合ってうれし泣き

私はこれまでいろいろな物をこしらえて商売にしてきたが、たいてい軍とか役所とか放送局のもので与えられた仕様書によって作ったものばかりだった。それで何…

2012.05.21

井深大(11)新工場完成 飲み食い放題の祝宴 おかげでその月は給料遅配

工場の移転だの仕事の増大だので会計の方は苦しい連続だった。どうにもせっぱつまったのでこれは銭形の親分に頼むよりほかないということになり、盛田君と2…

2012.05.17

井深大(10)新円かせぎ 当たった電熱マット 法隆寺出火でびっくり

東通工が発足して1ヵ月とたたないうちに白木屋の工場では手狭になった。そこで21年6月に長野県上高井郡小布施村に200平方メートル(60坪)ばかりの…

2012.05.11

井深大(8)終戦 仲間とともに東京へ 「東通研」で再スタート

サイパン、テニアンも占領され、不沈空母による本土空襲は定期便化していた。トラックが毎日のように京浜地帯から列をつくって山梨や長野に工場疎開の荷を積…

2012.05.07

井深大(7)戦時中 盛田君との出会い 新兵器の研究会が縁で

日本光音でいろいろなことをやったが、だんだん軍関係の仕事が多くなってきた。日本光音は元来16ミリのトーキーをつくるのが目的の会社だったので、いろい…

2012.04.26

井深大(6)新しい仕事と人生の出発となった昭和11年

昭和8、9年といえば日本でもオーナー・ドライバーがぼつぼつ出現したころである。所長の植村泰二氏、PCL交響楽団の紙恭輔、藤山一郎の両氏らもオーナー…

2012.04.23

井深大(5)社会人第一歩 請われてPCL入社 約束と違う初月給に文句

私の社会人としての出発はPCL(フォト・ケミカル・ラボラトリー=写真化学研究所)に入社したときから始まる。

2012.04.19

井深大(4)早大時代 陸上対抗に拡声装置 クリスチャンの努力も

神戸一中の4年生の成績はアマ無線にあまりに凝りすぎたため、とことんまで落ちた。こんな調子だから、かなりの人たちが4年生から高等学校にパスして学窓を…

2012.04.16

井深大(3)中学時代 「無線」にこり勉強せず こづかいためて真空管買う

小学校5年の3学期に、いつまでもいなかにいてはいかんというので、母の再婚先である神戸に行き、諏訪山小学校にはいった。この学校は神戸一中をめざす予備…

2012.04.12

井深大(2)小学生のころ、母の再婚で祖父母のもとに

幼稚園から小学校1年2学期までを過ごした東京の生活は、どういうわけか強く印象に残っている。かなり昔のことになったが、目白の付近をあちこち遊んで歩い…

2012.04.11

井深大(1)祖父のこと 会津朱雀隊生き残り 早逝した父に代わる存在

栃木県上都賀郡日光町字清滝の古河鉱業日光製銅所の社宅で、井深甫(たすく)、同さわの長男として、明治41年4月11日に生まれたのが私である。父は新渡…

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ



RSS リーダーで購読する

ホーム

カレンダー
« 7 月 2019 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る

Switch to our mobile site